症例の紹介 50代女性 股関節が痛い

症例のご紹介です。

50代女性

・右股関節の痛み

・椅子から立ち上がる時や、車から降りる時に痛みを感じる

・歩き出しても股関節が痛く、体重をかけられない

・立ったまま右足の靴下を履けない

・足の張り、腰の痛み、背中の痛みもある

とのことでした。

骨粗しょう症が持病の方。

症例のご紹介 50代女性 股関節が痛い_20220521_1

整形外科でレントゲンを撮ってもらい「腰の椎間板がつぶれてきている」との診断。
電気治療を受けたが改善せず、鍼灸整骨院へ。
針治療で痛みは軽減するものの、完治には至らず。

ご紹介で当院に来られました。

 

チェックしてみると腰椎、仙椎、骨盤のズレが強い印象。
ベッドに仰向けになっていただくと、巻き肩でベッドに肩がつかないほど。
お腹も何か所か圧痛点がありました。

まず骨盤、仙骨、仙椎の矯正と、後頭部と上部頸椎の矯正で全体の大まかな歪みを取りました。

腰椎、とくに仙椎に大きなズレが見られたので、うつ伏せで集中的に矯正。

初めて施術を受けられる方なので、全体的に巡りが良くなるように意識して施術を行いました。

そして立って確認してもらうと、まだ股関節に痛みが。
チェックしてみると、うつ伏せで戻したズレも立位で再度ズレていました。

なので立ったまま、そのズレポイントを矯正。

痛みを感じなくなったところで終了!
食事面でもアドバイスをいくつかさせていただきました。

 

外回りをされるお仕事で、お食事を取るタイミングがまちまちで、コンビニでおにぎりや菓子パン、惣菜パンで済まされることが多いとのこと。

お家でも甘いものを食べることがあるようです。

 

甘いものが欲しくなるのはマグネシウムタンパク質が不足していることが考えられます。

おいしそうですね(笑)

 

からだを作ったり、エネルギーを作るための大事な食事ですから気を付けたいですね。

砂糖、人工甘味料、精製された小麦や米などは体を糖化させ、炎症を起こします。

要はいつも甘いものを食べてると回復の悪いからだが出来上がるんです。

組織は固く、脆くなってしまいます。

そしてマグネシウム、亜鉛が消費されていくので、甘いものを沢山、毎日食べ続けると行きつく先はもしかすると糖尿病、動脈硬化など恐ろしい病気になってしまう可能性もあるわけです。

 

気が付いたら引き返しましょう!

 

当院では生活面のお話をうかがいながら、施術と生活面のアドバイスでより早い改善ができるよう努めています。健康情報を載せたお手紙も都度お渡ししております。

ひとりで我慢せず、ぜひ一度ご相談ください!
ご来店お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP